戦争法案廃案へ!命と暮らしをまもる市政実現のため、ぜひ投票を!

8月2日投票の仙台市議会議員選挙は後半戦の闘いになってきました。厳しい暑さの中、激しい選挙戦になっています。安保法案は参議院への審議入りし、空前の反対世論が広がっています。戦争は絶対にダメ!市民のいのちと暮らし最優先を市政への転換を求め、街頭から政策を訴えています!何としても、何としても、勝利するために全力でがんばります!みなさん、ぜひ、投票所に足を運んでください!戦争法ストップへの1票、平和と暮らし守れの1票をぜひ、託してください!

仙台市の基金総額は約2000億円で全国の自治体のトップクラスの貯めこみ金の多いまちです。取り崩し、何にでも活用できる財政調整基金も296億円あります。子ども医療費は中学校3年生まで無料に、国保料の引き下げ、介護保険料の減免拡充、介護基盤の整備,給付制の奨学金制度など市民の暮しを大事にする仙台市にご一緒にきりかえましょう! 被災した最後のお一人まで生活再建できてこそ、本物の復興です。復興公営住宅の追加整備や住まいの再建支援策を実現させます!

戦争法はダメ、命守れの思いを託してください!

戦争法はダメ、命守れの思いを託してください!

2015/ 7/27 21:59

2015/ 7/27 22:00

2015/ 7/27 22:00

戦争法案廃案へ!命と暮らしをまもる市政実現のため、ぜひ投票を!」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    仙台南高校の前で選挙カーを停めて演説をするのをやめてください。現在受験生が講習を受けています。そんな中で大きな声で演説をするのは非常に迷惑かつ非常識な行動です。戦争法案の廃絶や保険制度よりまず、落ち着いて勉強ができる環境をください。ご英断を期待しております。

    返信
    1. ふなやま 由美 投稿作成者

      講習中に大変なご迷惑をおかけしたこと、深くお詫び申し上げます。非常識な行動とのご指摘に深く反省しています。本当にすみませんでした。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA