教育のつどい2015に参加し、学びを深めました

教育のつどい2015が、仙台市で8月16日から18日の3日間開催されました。はじめての参加ですが、全体会では1400人をこえる方々が参加。TBS「報道特集」金平氏は、常に権力を監視し、時には厳しく対峙するのがマスコミの仕事。政府に飼いならされ、国民に真実を伝えないのでは、その役割を果たしているとは言えないときっぱり発言。マスコミ人としての気概を感じる講演でした。

2日目は教育条件整備の分科会に参加し、豊富な資料をもとに、全国の経験を学びました。憲法に保障された「教育」のあり方とは何か。ゆがめ、捻じ曲げる「安倍政権の教育再生」を許さず、よりよい教育の実現のために、学校や市民が広く手を結んで取り組んでいかなければと感じます。

2015081613380000 (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA