仙台市障害者差別禁止条例についての意見交換会

19日の午前中に、誰もが暮らしやすいまちづくりをすすめる仙台連絡協議会(条例の会)のみなさんと市議会議員との懇談会が開かれました。

現在、障害者差別禁止条例の策定にむけて、施策推進協議会での議論や各種シンポジウムなどが開催されています。しかし、「何をもって差別ととらえるか?」「障害」とは何かという定義、広く市民の中での理解や議論が不十分なまま「来年4月施行」とスケジュールありきになっていることなどの問題点が指摘されました。(障害者・・「害」という字を人に対して使う言葉なのかとの指摘も。)

障害者権利条約をやっと批准した日本。具体的施策が問われます。仙台の取り組みを理念条例だけにせず、財政措置を伴うものにしていく必要があります。せっかく条例をつくるのですから、市民の中で理解や議論をもっと深めることも欠かせません。皆さんのご意見をしっかり伺って、仙台市に提案していきたいと思います。

誰もが安心して暮らせる社会に

誰もが安心して暮らせる社会に

 

1 thought on “仙台市障害者差別禁止条例についての意見交換会

  1. 森田眞理(もりた しんり)

    昨日は、仙台市障害者施策推進協議会傍聴ごくろうさまでした。19日の市議会超党派意見交換会は、シニア・ワーカーズコープ仙台の定例会のため出席できませんでした。舩山議員が、ご指摘の通り、杉山裕信さんの奮闘むなしく条例の会が主張する「本音の議論」は、昨年から協議会では聞こえてきません。「障害とは」「障害者差別とは」「実効性ある禁止条例の中身論議」「相談支援システム」その前提条件「市民参加の条例づくり=1万人の民主導のタウンミーティング・公募によるワーキングチーム差別をなくすための研究会・庁舎内横串24課プロジェクト(千葉県条例のノウハウ」そして「100人委員会」(さいたま)へと拡大凝縮させていく道筋がありません。杉山さんの主張するところの「議論を深めよう」がないのです。昨日の書籍をご覧になれば「千葉県方式」に見習わなかった負の結果が一目瞭然です。大坂教授の千葉県相談支援事例は、協議会設定に関わる「前提条件」の議論共有を抜きにした「唐突発言」でした。この時期になって千葉県方式を「小出しに」しても、すでに高橋洋子課長の下で「条例条文は8~9割完成」し7月条例案提示、協議会一部手直し、概ね承認、議会提案へと進むものという「官制条例案」が危惧されます。その程度の関与力しか「現協議会」は持ち得ていません。パブリックコメント段階になると、個々人の市民からの意見書は採用が困難です。「障害はその人が有する固有のものではなく、社会との関係から生ずるものである」「障害者の社会参加のためにはこれを受け入れる家庭、教育、就労などの基本的要素の改善が不可欠である」ここを抜きにして、上からの支援や「心の問題」にすり替えてきた過去の施し措置から早く脱皮することから始めなければなりません。昨日の高橋望・目黒久美子・早坂洋子さんの発言こそ「障害者の権利」の主張です。誰に相談すればいいの?自由に生きたいところへ行けない・自分らしく働けない・出口はどこにあるの・うまく聴けない・早く返事できない。限れれた時間で、夜間に、バタバタとした行政説明を聞き分けて、ゆったりとした自分らしい主張発言がおろそかにされる「協議会」は、バリアフリーと言えるのか?教えて下さい。阿部一彦先生。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください